お問い合わせ

CОMОCの商品は、すべて手作りで、ひとつひとつ心を込めて制作しています。

COMOCでは、靴を中心に、カバンや小物などの革モノの製作を行っております。
採寸からデザイン、縫製から仕上げまでのすべての作業をひとりで行っていますので、できる数量も限られます。
納期もお待ちすることもあります。その点をご了承の上、ご注文ください。

営業時間 11:00〜18:00
定休日 火・水(平日は不在の場合もあるので、お問い合わせください)

〒500-8831 岐阜県岐阜市弥生町10 やながせ倉庫106
JR岐阜駅より「柳バス」にて柳ヶ瀬商店街まで7分商店街の中にある 高島屋百貨店の東側を北へ100メートルです。
<お車でお越しの場合>
やながせ倉庫には駐車場がありません。 若宮町通りに有料駐車場がたくさんありますのでそちらへ駐車していただき、 弥生町”モンブラン”の看板から商店街方面に入ってすぐの所です。
<電車でお越しの場合>
JR岐阜駅、名鉄岐阜駅より北に向かって(長良川方面)徒歩20分ほど
<バスでお越しの場合>
岐阜バス 最寄バス停「柳ヶ瀬」より徒歩3分

COMOCでは、牛革を中心に、山羊革、豚革などを使用しています。
なるべく環境にやさしい植物性タンニン鞣し革を使用しています。靴、カバン、小物など、使用用途によって、使い分けています。
使い込むほどで、色に深みとつやが増し、ゆっくりと表情を変えていきます。革は、天然ものですので、傷などがある場合もありますが、
特にひどい場合を除いて、製品にしています。これも天然皮革のひとつの魅力としてとらえて頂けると、幸いです。 

プロフィール
コモックの思い

「シンプルで心地よい靴」を目指して

"履く人や場所を選ばない"どこへでも履いていけるように、デザインはシンプルに、
履き心地を大切にした靴づくりをしています。
"長く履ける丈夫な靴でありたい"そんな思いから、ソールは軽登山用のビブラムソールを
使用しています。ちょっとぐらいのハードな旅のお供としても頼りがいのある、そんな靴
でありたいと思っています。

主張しすぎず・・・

""手作り靴"と一言に言っても、創り手によって、思いも形も違うと思います。COMOC
が目指す靴は、"主張しすぎない靴"
COMOCの靴は、個性的なデザインでも、インパクトのあるカラーを使った靴でもあり
ません。むしろ、余計なものは全てそぎ落としてしまっているくらいシンプルで、そっけ
ないかもしれません。けれど、履き続けることで変化していく革の存在だけでも、その靴
が持つ立派な個性ではないか、と考えています。

生活に密着したモノ創り

"特別な日にだけ使うモノ。それはそれでとても素敵ですが、1年の間に特別な日が何日も
あるわけではないとしたら、やっぱり、靴箱や押入れに大切にしまってある存在よりは、
毎日使ってもらえる存在でありたいと思っています。
日常でガツガツ履いてもらえる、マストアイテムになれること-。「今日はたくさん歩く
から、このクツにしよう。」と思ってもらえるようなクツを目指しています。

原点はクツ。でも、カバンやコモノも創っています

"クツだけにこだわらず、カバンやコモノなども創ります。革だけではなく、時にはお客様
自身が織った手織りの布を持ち込まれてのカバン作りなど、できるだけ要望に応えながら
の制作を行っています。
革は呼吸しています。持つ人によって、表情を変えます。そういった表情の変化が楽しめ
るようなデザインのカバンや、コモノを創っています。

自己紹介


イベント情報

ギャラリーでの展示を年に1~2回行っております。
展示が決定次第、随時ウェブにて発表します。
DMをご希望の方には、お送りいたします。

イベントインフォメーション

Copyright (C) 2017 COMOC. All Rights Reserved.